作業員

自宅にテレビがないのならアンテナ工事をしよう

工事してもらうまでの流れ

アンテナ

見積もりから工事まで

テレビの映りが悪くなった時などは、地デジアンテナ工事をすることで新しいものへ取り替えるのと見違えるほど改善されます。地デジアンテナ工事は素人が自分で行うには難しすぎるので、専門の業者へ依頼するのが一般的です。工事の流れは、業者を選ぶところから始まります。地域には複数の地デジアンテナ工事業者がいると思われるので、それらの中から最適なところを選んで工事を依頼します。現在取り付けられているアンテナや家の中で使っている映像機器などについて聞かれるので、調べておくとスムーズに進みます。調査や工事の日程などが決まると追って連絡があります。業者が指定した訪問日には、電波の調査やアンテナの取り付け位置の確認、さらに要望などについて聞き取りが行われます。その上で見積もりも提示されるので、納得できるのであれば契約書にサインします。アンテナの種類や性能などはここで決まるため、地デジアンテナ工事業者の方と十分に検討しておきましょう。契約後、工事日になると業者が訪れて実際の地デジアンテナ工事に取り掛かります。作業はアンテナの設置に加え、ケーブルの配線、テレビコンセントの取り付け、電波状況の調整など多岐にわたります。作業量によって変わりますが、必要な時間は数時間程度と考えておくとよいでしょう。工事は家の外側だけでなく、実際にテレビが置かれている居間でも行われます。そのため誰か家の人がいる時間帯を指定しておくのがおすすめです。最終的に家の中の全てのテレビで受像状況を確認できたら、作業は完了となります。