作業員

自宅にテレビがないのならアンテナ工事をしよう

一連の流れ

テレビ

アンテナ設置だけではない

テレビアンテナには、地デジやBS、CS用のものがあり、形状も一般に屋根やベランダにつける八木式アンテナや壁に取りつけて住宅の外観にマッチするデザインアンテナなど様々なものがありますが、テレビアンテナ工事の流れはほぼ同じです。まずは全てのテレビアンテナ工事は現地調査から始まります。よほど簡単な工事以外は必ず事前調査をします。このときにテレビアンテナを設置する位置や機器、屋内配線の有無などの工事内容を決定して、見積もり額が決まります。電波測定や受像機の個数によってブースターを取りつけるかどうかを決定します。テレビアンテナ設置の専門資格と知識を持ったスタッフがアンテナの取り付けを行います。屋根またはベランダのような高所での作業になり、2人以上での作業になります。必要に応じてアンテナにブースターや混合器を設置します。テレビアンテナの設置が終わると電波レベルの測定を行います。ブースターは電波を増幅する機器ですが、強すぎてもきれいな画質を得ることができないため、調整を行います。アンテナ交換だけの工事であれば、以上で工事は終わりになりますが、屋内配線が必要な場合は、分配器を通して、各部屋に配線を行き渡します。テレビ端子がなかったり、古いテレビ端子がついている場合は新設または交換する作業も必要です。最後にテレビ端子とチューナーを接続して、実際の画面でテレビが見られることを確認してテレビアンテナ工事は終了となります。